【せいかつ編集室】×【Ti create】で送るトータルブランディングのストーリーマガジン

HOMEマガジンなぜメディアをつくり続けるのか最終回 成長し続けるメディアづくり



最終回 成長し続けるメディアづくり

前回の記事から、期間があいてしまいました。

ハイ・・・私の怠惰が原因です(==;)

私が、ダラダラしているうちに、石崎さんは淡々と更新をし、淡々と営業をし・・・

HOUSEリサーチはガンガンに更新されています。

す・・・すげ~~~!!!!

最終回の今回は、石崎さんの淡々とトライアンドエラーを続けていく姿勢、

新しいサービスをつくるということの厳しさと楽しさを、私なりにお伝えできればと思います。

 

SNSを鬼更新!!!!

HOUSEリサーチのウェブサイトだけではなく、SNSも更新されているのが素晴らしいです。

Facebookはもちろん、Twitterのほか、

インスタグラムは2種類。

HOUSEリサーチ新築マッチング」のアカウントと、

「家を建てる人の情報マガジン HOUSEリサーチNOTEのアカウント。

pinterestも同様に

HOUSEリサーチ新築情報センター(ハウスリサーチ)」

HOUSEリサーチNOTE(ハウスリサーチノート)」

2種類があります。

合計6つのSNS投稿

きゃ~~~!こんなにたくさん!大変(==;)!!!

大木
石崎さん・・・経営しつつ、営業しつつ、こんなにたくさんのSNSを更新するヒマはどこにあるんですか?
石崎
SNSは、うちの優秀なスタッフたちが更新してくれています。
フォロワーが
○○人になったらランチご馳走してあげるからとか言って、頑張ってもらっています。
大木
モ・・・モノで釣ってる(笑)!?
石崎
ちなみに、この前スタッフが目標達成したからランチ誘ったんですけど、見事に断られました。
大木
玉砕してるし(笑)!!!!!

そう、メディカグループのスタッフさんは、本当に優秀な人ばかりなのです。

いつ事務所にお邪魔しても、テキパキと仕事をこなすバリキャリぞろい。

石崎
僕、ものすご~~~く記憶力悪いんです。
なので、スタッフには僕のメモがわりになってもらってることもあります。
思いつきや、気がついたこともすぐにスタッフに投げるんです。
すぐに投げないと忘れちゃうので。

大木
た・・・大変〜(笑)
(だからランチ断られるのでは・・・・)

そんなわけで、SNSを鬼更新しているHOUSEリサーチ!

掲載されている住宅会社からは

「様々なSNSと連動しているのが嬉しいですね。

施工例やイベントを掲載すると、InstagramPinterestfacebook等で拡散されるので満足しています。」という声も!

https://houseresearch.jp/note/info/3761/

SNSをしている住宅会社さんは多いと思いますが、6つもやってるところはあまりないのではないでしょうか^^;

忙しい住宅会社さんに変わって、SNS拡散してもらえるのはとてもありがたいですね。

 

地味~に、説明会頑張ってます!

HOUSEリサーチ、実はときどき説明会というものをしているのです。

これまた、涙ぐましい努力をされています。

説明会の日程が決まったら、いっせいに郵送したり、FAXを流したり、ウェブで告知。

お客様が1人だろうが2人だろうが、3人だろうが、きちんと説明を行います。

ちゃんと場所を設けて、資料用意して、プロジェクター用意して・・・です。

申し込みが0人の日もあったそうです。

でも石崎さんはめげません。

なぜなら、過去に地域メディアを2つも作って来たオトコ!!!

新しいサービス(メディア)が、最初は受け入れられないことを知っているからです。

みんなが、最初は「様子見」なことも。

石崎さんが目指すのは、「新しい文化づくり」。

住宅の広告を変えるという使命があるので、多少の苦労は覚悟しています。

なんせ、あのつらい過去を乗り越えて来たのですから・・・

(詳細は今までの記事をご覧ください)

 

地味~~に、1社ずつ訪問してます!

説明会以外にも、住宅会社さんから「説明を聞きたい」と言われたら飛んでいきます。

そして、めっちゃ真剣に話をします。

HOUSEリサーチの目指していること、

今の住宅広告の現状、

HOUSEリサーチができること。

・・・で、一通り説明が終わったら、石崎さんからの質問タイムに入ります。

何への質問かって???

「家」に対しての・・・です(爆)

めっちゃ楽しそうです。

めっちゃ話に食いついてます・・・・

・・・・アレ?

今日、何の訪問だったっけ!?

HOUSEリサーチの営業だったはず。

そう、このお方・・・大の「家マニア」ということを忘れてはなりません。

前回の記事の最後の方にも書いたのですが、石崎さんは家への愛が異常です。

分からないことがあれば、聞きます。徹底的に調べます。

大木
えっとぉ~。自分のメディアの営業よりも、家の話してる時の方がすっごいイキイキしてたんですけど!?
石崎
バレました?家の話をするのが大好きなので、ついついいろんな質問して盛り上がってしまうんですよね。
大木
ちゃんと、自分のメディアの営業もしてくださ〜〜っい(笑)

もともと薬剤師だった石崎さん。

完全に学者タイプの経営者です。

自分のビジネスそっちのけに(?)、あまりにも熱心に家の話を聞きたがるので

住宅会社さんからも面白がられている様子。

誰だって自分のしているビジネスに興味持ってくれる方に、関わってほしいですもんね。

この方なら、心配ありません。

深すぎる家への愛で、本気の告知をしてくれます。

 

小さなバージョンアップを繰り返していく

石崎さんのすごいところは、「ちいさな違和感を見逃さないこと」「思いつきをソッコー形にすること」

つまり小さなバージョンアップを繰り返していくところです。

トライアンドエラーを繰り返していく・・・ということかもしれません。

例えば・・・

HOUSEリサーチのアプリできないかな?」と思い立ち、・・・アプリ爆誕!!!

https://houseresearch.jp/note/info/2690/

ほかにも、見よ!

このシステム改訂情報の多さ!

https://houseresearch.jp/note/info/1482/

これらぜーんぶ、石崎さんがユーザー目線で使ってみて、

「分かりづらい」「もっとこうなれば・・・」と改善していった結果です。

私は、「メディカサイト」にも、「もこぼっくす」にも関わって来ていますが

本当~に日々改善を重ねています。

私なんて、この「せいかつクリエイト」・・・改善したくてもそのままな箇所、たくさんありますよ(爆)

石崎さんは、そういう違和感や想いを逃さず、全部形にして来ているのです。

これはお見事としか言いようがありません。

そして、周りのスタッフさんのサポートも半端ないと思っています。

成長し続けるメディア、HOUSEリサーチ。

掲載会社もどんどん増えて来ています。

SNSのフォロワーも伸び続けています。

 

「買い物は投票」という言葉があります。

続いてほしい企業が作ったモノを買ったり、

続いてほしいお店から買うと

それはその企業さんやお店の応援になるからです。

メディアに関しても同じ。

続いてほしいメディアを使うことで、そのメディアが目指すところを応援することができます。

一緒に文化づくりをする気持ちで、これからもHOUSEリサーチの応援をお願いします。

おわり♪

HOUSEリサーチ

https://houseresearch.jp/