【せいかつ編集室】×【Ti create】で送るトータルブランディングのストーリーマガジン

HOMEマガジン魔法のランジェリーvol.01 Lu・Luという店

Magazine


vol.01 Lu・Luという店

松山市の中心部千舟町にある、インポートランジェリーショップLu・Lu。
女性の憧れや喜び、楽しみがいっぱい詰まったお店です。



インポートランジェリーというと、少し敷居が高く感じたり、
自分には関係ないと思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

最初は私もそうでした。

でも、Lu・Luのオーナールミさんと出会って、ランジェリーに対する概念が変わりました。

Lu・Luには、カップのプレート陳列がありません。
メジャーでサイズを測るようなこともしません。

では、どうするのか?
フィッティングとミリ単位のお直しをして、自分にぴったりのランジェリーを仕立ててくれるのです。

そうやって作ったランジェリーは、
自分のからだにフィットするばかりではなく、
無理なく、美しい姿に整えてくれます。

女性は、なぜランジェリーを着けるのか?

そもそもなぜ、女性はブラジャーをするのでしょうか。

それは・・・「からだを起こすため」なのだそうです。

背中をピンと立たせて、姿勢をよくする。

昔の人の姿勢がよかったのは、帯を締めていたから。
帯がなくなった今、ブラジャーのアンダーベルトがその代わりをしてくれる。

だから、アンダーベルトのないブラトップなどでは姿勢が引き締まらないのだそうです。

また、それだけではなく、
ランジェリーには自分を大切にする力があると思うのです。

その理由は・・・これからの連載で少しずつお話させていただきますね。

今回は、その1回目として
Lu・Luとルミさんについてご紹介させていただきます。

(内容は、「みずごころvol.01 女性性」でご紹介させていただいたものです。)

 

運命の下着に出会った

ルミさんは、子どものときからずっと“大人の女性”に憧れていました。

高校生になって、友達はおこづかいで洋服を買うのを横目に
ルミさんはランジェリーを買いに出かけていました。

高校生にとっては高級品のデパートの下着。
貯めたおこづかいをにぎりしめ、セールのときを狙って行きました。
早く“大人の色気”を身に着けたかったのです。

学校を卒業してしてからはOLをしていたルミさん。
その頃のバイブルはランジェリー界のカリスマ、リュー・ド・リュー龍多美子さんの本。
何度も何度も読み返しました。

従姉妹が広島にいたので、よく遊びに行っていたのですが・・・そこで運命的の下着に出会います。

インポートランジェリーショップの老舗「マリアネリ」。
リーガロイヤルホテルの中にある店舗で、ソファやインテリアもアンティーク調で素敵で。

ドキドキしながらフィッティング。

忘れもしない運命の下着はBAHIA(バイア)。

最高級のスイスコットンをつかっているブランドで、
グラビアでも多数有名人着用。
堀北真希も着用しています。

ルミさんがフィッティングしたのは一枚レースのハーフカップで、
1万円程度のものでした。

身に着けると自分のおっぱいが丸く、綺麗なかたちになって、とっても大切にされている感じがしたのです。

はじめての“お直し”

BAHIA(バイア)のランジェリーを身に付けてしばらくすると、バストトップにかゆみが出てきました。
お店に電話をすると、「裏地を当てるので送ってください。送り賃はいりません」とのこと。

数日後、送ったランジェリーが、
カップの裏側に丁寧にフェルトを縫い付けた状態で返ってきました。
フェルトは、ランジェリーのカラーに合わせたきれいなピンク色です。

“お直し”の魅力を知った瞬間でした。

妄想からできた店

すっかりインポートランジェリーの魅力にハマったルミさんは、
OLをしながら色々なランジェリーを買いました。

OLからハイブランドの販売員に転職し、広島勤務になり、
大好きなマリアネリにも毎日のように遊びに行きました。

事情があって、松山に帰ることが決まってからは、松山唯一のインポートランジェリー店へ。
でもそのお店が閉店することになり、近場でランジェリーを賈うお店がなくなってしまいました。

「自分でお店をしようかな」、そんな想いが脳裏をかすめましたが、そんなお金はありませんでした。
でも毎日のように妄想をふくらませていました。

「置くなら金色のハンガー」
「このオブジェはお店に置くのにいいかな…」

そして、だんだん行動へ移していきました。

「レジの見積りをとってみよう」
「この電卓、お店で使いたいから買おう」

すると、不思議なことに、臨時収入があったり、まとまったお金が出てきたり…。

場所も見つかって、あっという間にお店ができてしまいました。

そう、Lu・Luは妄想からできたお店なのです。

内側からきれいに

インポートランジェリーというと、お金もちな人やセクシーな人が出入りするイメージがあるかもしれませんが、
Lu・Luのお客様はどちらかというとナチュラルな方が多いそうです。

ランジェリーは、みんなに見せるものではありませんよね。
だからなのか、「内側からきれいになりたい」と思っている素敵な方ばかりがお客さんなんだそうです。

ルミさんの夢は、「愛媛のおっぱい難民を救う」こと。
自分のおっぱいを大切に思える、そんなランジェリーとの出逢いを作っていきたいそうです。

わたしも、このサイトを通じて
ルミさんの夢のお手伝いをしていきたいと思っています。

連載スタート記念、洗剤プレゼント

Lu・Luに気軽に足を運んでいただきたいので、スペシャル企画♫



11月16日(木)〜11月30日(木)に1万円(税込)以上お買い上げの方に、
カナダ生まれの100%天然成分の洗剤をプレゼントします。

ランジェリーを長持ちさせるためには、お手入れが肝心!
地球にもからだにも、生地にもやさしい洗剤です。

パッケージおしゃれでいい香り。
4種類の香りの中からお選びいただけます。

これを機に、ぜひ気軽に遊びに行ってみてください。
そして、ぜひフィッティング体験をしていただきたいです。

メジャーを使わないフィッティング・・・
どうやってするか分かりますか?

手で直接測るのです。

ルミさんのフィッティングは神がかっています!
自分で着けたときの何倍もきれいに着れるのでぜひお試しください。

神の手だと、私は思っています。
ひとすくいで、お肉が胸へ戻ってきます(本当です!感動です!)。


ランジェリーで人生が変わった人のこと、フィッティングのこと、お手入れのこと、ナイティのこと。

これから、少しずつ丁寧にご紹介していきますので、お楽しみに♫

Lu・Lu

住所:愛媛県松山市千舟町4-1-11 電話:089-904-5346 営業時間:11時〜19時 定休日:水曜

https://www.instagram.com/lulu_importlingerie/